理事長あいさつ


理事長 広 沢 成 夫

 今般、第13代理事長を拝命した広沢成夫と申します。当ホームページにアクセス頂いた皆様におかれましては、どうぞよろしくお願いいたします。

当組合は、昭和34年に創立され、活動基盤を福島県の県北地方をエリアとしています。また、県内各地域の電気工事組合のなかで唯一建設業登録を保有する組合であり、組合員相互の強固な結束を以って各種事業に取り組み、共存共栄、社会貢献の精神を保持しながら運営していくことをモットーとしています。

創立以来58年を経過した現在、組合員数147社、関係従業員数約800名の規模を誇り、管内各市町村公共施設等330件の点検業務や年間5,000灯を超える街路灯修繕業務などの共同受注に取り組み、業務を通じて住民の安全安心の確保に寄与しており、今後は、太陽光発電設備の保守点検等で更に地域の皆様に貢献ができないか検討して参りたいと考えております。

また、第一種電気工事士試験事前講習会など各種講習会の開催、引込線工事技能訓練の実施などを通して組合員の技術の研鑽と技能の向上、無事故無災害に向けた労働安全衛生の充実を図っています。

さらに、確固とした青年部会も組織され、福島駅周辺の夏祭りの提灯電源工事や、毎年冬季に福島駅前を彩るイルミネーション設置事業等組合のPR活動を行い、近年は高校生を対象とした業界理解促進のための学生セミナーを開催するなどの活動も積極的に展開し、明日の経営者づくりを目指しています。

福島県は今、震災から6年が経過しましたが、復興は未だ道半ばです。当組合は平成24年からの3か年に亘り取り組んだ、福島県の「太陽光発電事業における実証事業」の経験を基に、新エネルギーに対応するための研修会を開催するなど、今後も将来を見据えた事業展開を推進しており、このホームページにも反映していきたいと思いますので、ご覧いただいた皆様には、何卒温かいご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

平成29年6月1日

  

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。